ウッディのラジオ「うっらじ」

アラサー自営業者のラジオサイト。 モットーは「百聞百見は一験にしかず」 毎週更新してます(・∀・)

一人語り(ラジオ)

自由には責任も伴う | 就職活動が柔軟に

更新日:

世界的に有名で人気の企業が学歴不問としている。

これを聞いて素直に喜んではいけない。

企業が優秀な人材を青田刈りするための戦略なのだ。

ニュースの意図を考えたい。

 

目次

 

 

学歴不問

先日こんなニュースが流れてきた。

 

Google, Apple and 13 other companies that no longer require employees to have a college degree

(google翻訳: Google、Appleなど13社が従業員に大学の学位を必要としなくなりました)

ボクも人様に言えるほどの学歴がないので可能性の光が見えて喜んだ一人。

 

「別にいい学校出たからっていい仕事できるわけじゃないぞ」

と、学歴コンプレックスからついつい独り言が出た。

 

このメッセージから企業は何を考えているのか。

大学4年間は不要だということだ。

 

高校を卒業する人材からガンガン引き抜こうという戦略。

以前ラジオでもお伝えしたがIT業界は空前の売り手市場。

どの企業も優秀な人材を欲しがっている。

 

お金は余っているからということで一介のエンジニアに1億円を払うのが彼らの人事戦略。

それでもまだ優秀な人材が足りないということで次に狙いを定めたのが大卒ではなく高卒から引き抜いていくわけだ。

 

企業によっては高校の夏休みに企業にインターンシップをしている。

大学生が3年の冬に一斉に就活が始まる時代が、いつの間にか高校から就活は始まっているのだ。

自由には責任が伴うというが学歴不要となった影響でより実力のある人が高い評価を受け、実力不足はさらに大変な境遇となる2018年。

 

 

就活ルールの廃止

もう一つ関連するニュースが。

今まで経団連が就職活動の開始時期をある程度決めていた。

それがどうやらなくなるようだ。

企業が好きなタイミングで就職活動を開始し内定を出せるようになる。

 

様々な憶測が流れているが早い段階で優秀な人材を抑えようと動く企業が増えることが予想される。

仮に大学三年生の春に内定をもらったとして入社まで丸2年もある。

2年もあれば企業の業績だって変化している。

業界を取り巻く状況も変化している。

内定のときに希望していた職種が、入社するときにはなくなっている可能性も考えられる。

これから社会に出ていく人たちにとっては自由度が増すと同時に責任も伴う。

 

これからの働き方

企業という大きなプラットフォームに乗っかるのも悪くない。

業績が安定していれば給料も安定するだろう。

しかし所詮はプラットフォームに過ぎない。

崩れたら一環のお終い。

 

早い段階で自分の手で稼げるようになっていきたいと個人的には思っている。

自分の仕事の成果物で勝負できるようになると自由度は一段と上がる。

成果物が周りから評価されるまでは時間がかかるけどね。

 

まとめ

就職活動に関して最近起きた出来事を紹介した。

規制が撤廃されて自由度が増すということはそれだけ個人に伴う責任・リスクが大きくなるということだ。

 

読者のみなさんには実力をつけて大きな舞台で活躍していただきたい。

 

オススメ記事一覧

1

ウッディのラジオ「うっらじ」 2年間で60回以上の放送をしてきました。   リスナーの皆様から特に好評だった 番組を厳選してご紹介します。   仕事に恋愛に悩んでる方の ヒントにな ...

2

今週のゲストは 情報商材販売の仕事をされている 小野さんにお越しいただきました。   新潟ご出身ということでしたが 東京に出てくるにはものすごい 大きな決断をしてきたと伺いました。 &nbs ...

3

今週のゲストは 恋愛コンサルタントのざーわさんです。   忙しい日々の中にスパイスを 与えてくれる存在になりたいということで 今のお仕事になったそうです。   ざーわさんの手にかか ...

-一人語り(ラジオ)

Copyright© ウッディのラジオ「うっらじ」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.