ウッディのラジオ「うっらじ」

アラサー自営業者のラジオサイト。 モットーは「百聞百見は一験にしかず」 毎週更新してます(・∀・)

仕事に役立つラジオ

【ラジオ】スタンプカード

更新日:

今回のゲストは物知り博士のえつしさん。

 

ゆで卵への熱い想いから

新しいことへチャレンジするときの

心構えなど目まぐるしい展開の30分間。

 

新しいことにチャレンジする人へ

背中を押す内容になってます。

 

目次

 

 

 

ラジオあらすじ

 

今回のラジオで語ってる内容をざっくりまとめました。

 

・ゆで卵は一日何個でも食べてOK

・目の前の人と仲良くなるには共通点を見つけること

・健全な欲求が社会を発展させてきた

・新しいことを始めるの = 今のポジションを離れる

・小さな一歩、小さな成功を大切に

 

 

ラジオの音声です。再生ボタンでどうぞ。

 

  1. 【ラジオ】スタンプカード えつしさん 31:30

 

ラジオのおまけ(聞いてから読むと更にわかりやすい)

 

日本のサラリーマンよ。外へ出ようぜ!

 

06:30 起床

07:00 家を出る

08:55 会社に着き、タイムカードを押す

09:00 朝礼

12:00 近くのコンビニでランチ買う

13:00 会議

・・・

19:00 小腹が空いてコンビニでパン買う

22:00 会社を出る

23:30 最寄り駅の定食屋でご飯

24:40 深夜テレビ

26:00 なんとなく寝てる、、、

・・・

06:30 起床

 

以下、6回ループ

 

 

ボクのサラリーマン時代のライフスタイル。

見事なぐらい時間割ができていたので、

スケジュールに悩むことはない。

 

、、、完全に脳みそ死んでますね、これ。

 

 

 

このスケジュールに意外と違和感ない人が

多いのではないでしょうか。

だって、ボクの職場の先輩も同じ

スケジュールだし、後輩もそうでしたからw

 

 

まあ刺激のない生活。

同じことの繰り返し。

 

こんな状況で新しいアイデアが生まれるのか?

生まれるワケがない。

 

日本の文化として我慢が美徳と教わってます。

 

 

じっと耐えること。

文句を言わないこと。

嫌な顔をしないこと。

 

 

そうやって小さいときから

親の背中を見て育ってきたかと思います。

 

東日本大震災でも

炊き出しの列に黙って並んでる姿が

素晴らしい!ということで、

世界でも取り上げられてました。

 

 

 

海外で同じレベルの災害が発生したらどうでしょう。

 

暴動、略奪、普通に起きてます。

 

 

文化が違えばやることも全く違うなと。

 

 

暴動をおススメする話ではないが、

自ら生きていくために

行動しているのが彼らである。

 

 

日本人は我慢が美徳ということで、

もしかしたら

考えること、

行動をすることを

捨てちゃっているのではないか?

 

周りに迷惑をかけたくないから

本当はやりたいこと

本当は断りたいことから

逃げているのではないか?

 

 

くどいようですが

暴動を認める話ではないですが、

あなたが思っている

本当のメッセージを伝えることで

 

心が軽くなり

体が軽くなり

新しい行動を生み出すような気がします。

 

23時まで職場に監禁されていることに

一言モノ申し、

18時で仕事を切り上げ

行きたいところ

やりたいことを始める。

 

新しい空気に触れる。

 

そういう中で、新しいアイデアも

生まれるような気がします。

 

 

薄暗い電気と

よどんだ空気の職場で

新しいアイデア、斬新なアイデアは

出てこない!

 

自分の気持ちに正直になって

ホンネでメッセージを出して

やりたいことをやっていくなかで

消費者、お客様のニーズを

汲み取ることができるでしょうし

よりよいサービスが生まれると思います。

 

 

少し話は脱線しますが、

LINEの上級執行役員である田端信太郎が

語ってた内容を一部抜粋します。

 

 

旅行業界の闇

 

日本の旅行業界従事者は、構造的に低賃金なせいか、旅行サービスの消費者としてのリテラシーが低すぎる。チョコレートを食べたことないアフリカの貧しいカカオ農家と一緒だよ。消費者として一流でないと供給者として絶対に一流になれない。

 

 

なるほどなと。

 

供給側=サービス提供者は

どれだけ消費者のニーズを理解しているのか?

 

 

毎日、オフィスで一日過ごす人が

旅行している人が求めているものに

気付くことができるのだろうか?

 

 

自分が足を運んで体験して

そこで足りないもの

あったらもっと旅行が楽しくなるもの

そこに気付くことができる。

 

一人暮らし男性が抱える問題の一つに

荷物の受け取りがあるのではないでしょうか?

 

 

 

宅配業界の闇

 

 

 

 

 

ネットでの買い物が日常的になって

コンビニやスーパーで日々買うような

飲料や食材までも

ネットで購入することが不通になってきました。

 

重いお米や2リットルのペットボトルなどは

運ぶのが楽ちんなのでネットに

どんどん移行していくと思うのですが。

 

一つ問題なのが受け取り方法。

宅配業者は

午前中からだいたい20時、

遅くて21時までの受け取り指定となっている。

 

 

ボクみたいな一日中

外をふらふらしている人からすると

まあ面倒くさい。

 

 

「あっ、すいません、

打合せ抜けますわ。

おととい楽天で発注した靴下が

今日家に届くので」

 

 

ボクのスケジュールは靴下が最優先になりますw

 

なんとも間抜けな話。

 

 

女性とのデートが盛り上がって

どうしても帰れないときは

不在通知表を入れて頂き

改めて日程調整をする。

 

 

ボクのスケジューリングのまずさで

2回ぐらい不在通知表を入れて頂く

ことがあると、

はたして送料の元は取れているのか?

他人事ではありますが、

心配するレベルになる。

 

 

ヤマトがセブンイレブンと提携して

宅配ボックスをようやく作り始めたが

まだ試験的な動き。

 

 

技術的には可能なはずなんだけどなあ、、、

 

日通、佐川、ヤマト、、、

 

宅配業者が数あれど受け取りを

どれだけ融通利かせられるか?

消費者を味方につけて業界を

伸ばしていただきたいところです。

 

まとめ

 

新しいアイデアはオフィスで

パソコンに向かっていても出てこない。

 

一歩外に出て

イチ消費者として

何を求められているか

敏感に受け取っていきましょう。

 

と、偉そうに語りつつも

 

スケジュール管理をしっかり行い

不在通知表ゼロで荷物を受け取るのが

ボクの目下のやるべきことだなと思いました。

オススメ記事一覧

1

ウッディのラジオ「うっらじ」 2年間で60回以上の放送をしてきました。   リスナーの皆様から特に好評だった 番組を厳選してご紹介します。   仕事に恋愛に悩んでる方の ヒントにな ...

2

今週のゲストは 情報商材販売の仕事をされている 小野さんにお越しいただきました。   新潟ご出身ということでしたが 東京に出てくるにはものすごい 大きな決断をしてきたと伺いました。 &nbs ...

3

今週のゲストは 恋愛コンサルタントのざーわさんです。   忙しい日々の中にスパイスを 与えてくれる存在になりたいということで 今のお仕事になったそうです。   ざーわさんの手にかか ...

-仕事に役立つラジオ

Copyright© ウッディのラジオ「うっらじ」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.